賃貸契約する時は

賃貸契約で知っておくこと

賃貸で気を付けること

初めての一人暮らしともなれば、お子様本人は期待で胸いっぱいでしょうが、親御さんの心配は尽きませんよね。賃貸物件探しで特に気を付けたいのが大家さんです。一口に大家さんと言っても十人十色で、借主と会うのは鍵の受け渡しのときのみ、という方もいます。賃貸物件でトラブルが起きてしまったときのことを考えると、一人暮らしに慣れない内は、備え付けの設備が壊れたり、水漏れしてしまったりなど、初めての一人暮らしでは親切な大家さんの方が心強いです。はじめに、大家さんと顔合わせをしておき、トラブルの際にどうすればよいのか聞いておくと良いでしょう。その賃貸物件で多いトラブルなども聞くことができると、いざというとき落ち着いて行動できますね。

借主の権利について知っておく

賃貸マンションの賃借契約上借主は賃料を支払うため債務者の立場にありますが、物件を使用する立場からすれば債権者でもあります。ということは、貸主に対して物件に何かしらの不具合やトラブルが生じた時には、通常の使用が出来るように修繕するよう要求できる権利があります。例を挙げると、エアコンやトイレなどの設備が通常の使用方法によっても故障してしまった場合は、貸主に対して修繕するように要求できます。つまりは、貸主は故障した設備を修繕する義務があると言えます。ただし、一般的に求められるメンテナンスを怠った場合や、使用法の不備による物には、貸主側には修繕義務は発生しませんので、ふだんの維持管理はしっかりするのが良いでしょう。

賃貸契約に関する情報